胸を張ってアルバイト

知人の借金連帯保証人で自己破産という結末

2016年9月21日(水曜日) テーマ:自己破産

頼まれて仕方なく知り合いの連帯保証人になりましたが、その本人が返済不能になり自己破産してしまったので、私が残債務を一括返済するようにと言われてしまいました。

ちなみに後から知ったのですが、その知人はギャンブルで作った借金だったらしいのです。正直騙されたと思いました。

しかし、今更そんなことはどうでも良く、問題は目の前に降りかかった借金です。

何の相談もなくいきなりそんなことを言われても、私に払える訳がありませんでした。生活していくのがやっとで、貯金だってほとんどなかったのです。

自分の借金ではないのにこんなに多額の返済をしなければならないなんて、親が口を酸っぱくして言っていた「保証人には死んでもなるな」という言葉の意味がよく分かりました。

やはり親の遺言だからといってでも断ることが賢明だと今では実感しています。

しばらくは借金取りからの催促の連絡にもきちんと応対していましたが、そのうち電話が鳴るたびに気持ちが悪くなってしまい居留守を使うようになったのです。テレビドラマなんかでも良く見るシーンですよね。

でも、いつまでもコソコソと逃げるように生活をしていくのは無理なので、新聞の折り込みチラシで見た弁護士事務所に相談してみたのです。すると、そういう事情なら借金を返そうとしないで、私も自己破産したほうが良いとアドバイスされました。

かなり抵抗がありましたが、それでも普通の生活を送れるようになるからと言われ、納得して手続きをしたのです。その選択は正解でした。

もちろんいろいろ制約はありますが、もうビクビク怯えなくてもいいし、心が軽くなりました。

とにかく借金が大きくなり、自分一人では判断ができない状態になったのであれば、自己破産を含めて債務整理を検討してみると良いでしょう。債務整理に強い弁護士はたくさんいますので、困っているのであれば問い合わせてみる価値があると思います。